忍者ブログ
漫画やイラストを描いたり、日々の徒然を呟やいているブログ。 漫画はカテゴリーからどうぞ。 since 2009/10/18
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/27 Em]
[09/26 ふひと]
[01/26 ふひと]
[01/24 Em]
[01/23 ふひと]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Em.
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/18)
(10/19)
(10/19)
(10/22)
(10/24)
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内野聖陽主演のイリアスを見てまいりました!
久しぶりの観劇。
やっぱり生はいいね~
しかし、観客のマダム率が高いなぁ(笑)

以下、独断と偏見に満ちた感想です。
ネタばれ上等なんでお気を付けください。。。


舞台は可動式の壁?
と映写式のスクリーン
というシンプルな構成。
登場人物も最小限で、語り部のモノローグと
登場人物の語りと演技で物語が進んで行きました。
モブ一切なし。

役者さんがかなり豪華だったんですが、ちょっと、かなり。。。消化不良
その理由をちょっと述べていこうかな。

まず、役者さんのフィールドの違いが上手く作用して無かったかな~
やっぱりミュージカルと現代劇(ちょっと幅が広いが。。。)
映像メインの役者と舞台メインの役者
それぞれの特徴が角が取れてない感じでした。
特に、語り部の歌とか。。。
まんまミュージカルで、「え、ここで歌っちゃうの?」と思ってしまった。。。
全体的に淡白な舞台だったので、突然メロディアスな歌が入るとちょっと浮いちゃってた
一番声が通ってて、いい声なんだけどなー
なんか、もったいなかったわー

あとは語りの力ですね。
普通に演技しているのと、語りの境目が良くわかんなかったり。
この芝居はむしろ語りメインなんだろうなー
俺は今語ってんだぜっ!というメリハリ?がついてたのはやっぱり舞台出身の人よね
いっそのこと朗読劇でもよかったかも。。。

役者さんたちも不完全燃焼だったようで、カーテンコールのテンションが低いっ
まあ初日だからね。
まだまだ熟成されてない、ある意味生な舞台でした
これからまた変わっていくんだろうなー
千秋楽にいったら全然変わってて面白いかもしれませんね。

一応面白かったところも書いておきます
まず、ヘクトルがカッコイイ!!
やっぱり守るべきものがある男はかっこいいな~
パリスがいなかったことが残念でしたが。
絶世の美男子。。。

あとはアキレウスのちゅーを生で見たとか・・・
あああ、思考が腐ってるわね。
でもあの二人の関係性に妄想の余地が残してくれて良かったです。
やっぱり、妄想で補足する余地がないと楽しくないしねっ

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME≫
SUBJECT≫
COLOR≫
E-MAIL≫
URL≫
COMENT≫
PASS≫
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


トップへ 忍者ブログ [PR]